ひな祭りの由来と雛人形の種類

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに~ お花をあげましょ桃の花~

3月3日はひな祭り。

女の子がいるおうちでは 女の子が健やかに育ちますように、また病気やケガをせず幸せに過ごせますようにという願いが込められています。

ひな祭りの由来

ひな祭りの由来は 諸説ありますが、

ひな祭りの原型は 平安時代の女の子のお人形遊び「ひいな遊び」と、紙やワラで作ったお人形に 厄や災いをうつして川や海に流す邪気払いの行事「流しびな」が結びついたものなんだそうです。

中国で行われていた 3月初めの巳の日に 「上巳の節句(じょうしのせっく)」といって子供の無病息災を願っておはらいする行事があり、それが 日本に伝わってきたという説が有力だと言われています。

桃の花が咲く時期の行事なので「桃の節句」ともいいます。

のちで 3月3日に定着していったといわれています。

ひな人形の種類は 大きくわけて 衣装着人形と木目込み人形の2種類

衣装着人形とは

衣装着人形とは 仕立て上げた着物を 人形の胴の部分に着せつける人形のことで お顔と胴体が別の作家さんが作って 完成した胴体にお顔をとりつけたもの。

とても華やかで 十二単(じゅうにひとえ)など豪華なお衣装を着ています。

とっても豪華な衣装がすてきです^^

木目込み人形とは

衣装着人形とちがって 木目込み人形は 人形の胴の部分に彫った溝に沿って 衣装の端を埋め込んで作っていくお人形のことで 小粒で可愛らしいものが多く 見た感じは衣装が貼りついているような感じにみえるお人形です。

コロンとしていて とってもかわいいですね^^